Welcome to my blog

逆思考の問題 ~線分図と逆算で考える

0
Category小学1年
逆思考の問題は、以前グレードアップ問題集で取り組んだことがありました。

グレードアップしなくてはいけないのは親の指導力でした - 幼稚園年長

昨日の記事(グレードアップ算数、後半戦は読解力が問われる)に、「算数の読解力を付けるために国語力のアップを」と書いたのですが、あれから色々調べていると、 算数と国語の「読解力」で求められているものは本質的に違う ということが分かりました。そうなの?そうなの! 私は、まだ娘は年長なのだし国語力が付いていないのだ!算数の文章題をやるよりも先に国語の読解力を上げる方が先なのだ!と思い込んでい...


また躓いた逆思考の問題

国語の読解力のなさなのか

現在、テープ図の準備として取り組んでいるのがこちら、文章題たし算・ひき算 2―小1レベル (サイパー思考力算数練習帳シリーズ)


途中までは調子良くサクサク進んでいましたが、逆思考の問題でまた躓きました。

魚釣りの場面で、「~はじめになんびき釣りましたか」という問題。

問題集に予め書かれている絵は隠して、自分で絵を書くところからやってもらっていますが、そもそも絵が書けていない。

どうやら問題文の意味が分かっていない様子。

そこで、私が問題文を少し書き直してみました。

文の途中に「はじめになんびきか釣りました。その後」と書き加えただけなんですけど、それで意味が理解できたようで・・・


国語の読解力の問題なの?(;^^)ええー


魚釣りしてみた♪


魚釣りに行ったことがないので、玩具を買って魚釣りもしてみちゃったりしましたよ・・・
(ちなみに竿2つと魚8匹で200円)

魚釣り 


すごく楽しそうでした。そうやって何でも楽しめるのがあなたの良いところね。

その後絵を書いて、立式して、終わりました。

私のフォローはかなり入りました。また繰り返しやってみよう。


それから少しの間、こちらの問題集はお休み。

一昨日、数日ぶりに次の問題をやってもらいました。再度、逆思考の問題に挑戦です。


また躓いたよ。絵を書き直して、と言ったら怒られた。


同じくサイパーの問題。エレベーターで「2階に着く前は何人乗っていましたか」

はい、また躓きました。

今度は絵を書きましたが、絵が適当すぎるし、当然式もおかしい。

適当に数字を拾ってきましたね?

問題文を理解していないことが良く分かる。

「降りたってことはどういうことだろうね?」

「絵もおかしいよ。絵が書けてなかったら式は書けないよ。
問題文を一つずつ区切りながら、読んだら絵に書いて、また読んだら絵に書く、ってやってみて。」

と言ったらものすごく不機嫌になりまして(;^^)

虫の居所が悪かったのか、何だかすごく怒ってて。色々ごちゃごちゃ言ってましたが、急に

「日曜日、もっと遊びたかったのに!」

って。w( ̄▽ ̄;)w (全統小があった日です)

ええーなにそれ今更!!!(もう火曜だよ?)

遊び足りなかった不満が溜まっていたのか、それが大爆発したような怒りっぷりでした。

大人はストレスが溜まると、趣味だったりお酒だったり自分なりの方法で発散できますが、子どもはその手段が自分では分からないですよね。

外遊びで体を思いっきり動かすのは、ストレスの解放に繋がってるのかもしれない。日曜日のテストは子どもなりに緊張もあっただろうし・・・ごめんね!

とにかく機嫌が悪くなったので・・・「今日はおしまい!」


翌日ノートを見たら


絵が書き直してありました。いつの間に! (⌒▽⌒;) オッドロキー(式・答え、合ってます)

エレベーター 

学校から帰ってきた娘に、

「これどうして分かったの?いつ書いたの?」

娘「絵を書いてたらひらめいちゃった」

朝、学校に行く前に書いたようです。

いや~びっくりなんですけど!!!


改めて見てみると、確かにこのサイパーさんの問題は、難しいわ。

これが1年生レベルなんですね。サイパーさんのレベル高い・・・


線分図と逆算


昨日は、スーパーエリート問題集の「□のある式(逆算)」をやりました。意図したワケじゃなくて、順番通りにやっていてたまたまこのページを今日やっただけなんですけどね、発見がありました。

きっと神様が、あまりにも分かっていない母を見かねて導いてくださったのね!( * ̄)m 〔十〕

ちなみに、皆さんがとっくに気付いていることを後から気付くのが私ですので、そんなの当たり前!っていうツッコミはなしでお願いします(;人;) 




逆算ってこういうのを指すらしいです。

逆算1 

考え方の例として、線分図の記載がありました。
(ちょっとこの絵は"5"の分量が多いんですけど直すのめんどいんでこのままで・・・)

逆算2 

スーパーエリートでは、線分図を示すことで逆算の考え方をマスターさせる狙い。

□を使った式の問題で、□の中に数字を埋めるだけなんですけど(線分図を書きなさいとは書いていない)、こちらが何も言わなくても娘が自分からノートに線分図を書いて解いていたのを見て、感心してしまいました。

この線分図を使って□の答えを導き出す方法、線分図の書き方も、逆算の考え方も、両方良く分かるみたい!

線分図を書くためには、文章題から自分でイメージして書き起こすことなんだって、そのことに囚われていたのですが、こういう切り口から、線分図ってこういうものなんだよ、こう書くんだよっていうアプローチがあるんだ!ってことに気付き・・・


逆思考の文章題を立式すると逆算になりますよね。

Q:箱にビー玉を5個入れたら18個になりました。はじめに何個入ってましたか。

□+5=18 ということを線分図で書くことで理解してから、

18-5=13 と引き算で立式するのが一般的です。ですが、

□+5=18

という考え方がとっても大切。


逆思考の文章題を娘にも分かるように教えるにはどうすれば良いのか、今まで散々調べてきました。

ネットで「逆思考 算数 教え方」で検索すると、ほぼほぼ ”線分図を書きましょう” って出てくるんですよ。


いやいや、その線分図が書けないから困ってるんだよ!


もしかして最初に問題集に書かれているコレ↑(逆算と線分図の関係)ここから始めれば良かったの?


やっぱりすごく勉強になるスーパーエリート


本当に勉強になるし、色々気付かされる。

面白いな、算数って~

と、感じます。

母だけが面白がっても仕方ないのですが(;^^)

娘にどのくらいこの面白さが伝わっているのか分かりませんけれど・・・

この問題集は、中受を目指す子を対象にしていますが、受験しない子でも算数好きな子は取り組んでみても面白いのではないかな、とおすすめしたくなる問題集です。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事