Welcome to my blog

入学後、初めての授業参観

0
Category学校あれこれ

学校での様子が知りたい


先日、授業参観があり、学校に行ってきました。

毎日どういう授業を受けて、娘の様子はどんな感じなんだろう。

小学校の授業参観は初めてでドキドキ♡ 興味津々♡


とても楽しそうでした


算数の授業でした。

ゲーム要素を取り入れたりと、楽しく取り組める工夫がされていました。

45分もの長い時間、じっと椅子に座って授業を受けることは、1年生にとってまだなかなか大変なことと思います。集中力もそんなに続かないでしょう。

全員参加型の、飽きさせない先生の様々な取り組みが素晴らしいと感じました。


授業を見ながら、「家で勉強を教える時、こういうやり方をすれば良かった、そうしたらもっと楽しく出来たのにな」と、ひとり反省会でした。

大変勉強になりました。


そして、自宅で取り組んできた当該学年”基礎”の先取りは、間違っていなかったと思えたことは良かったです。

娘の様子を最近見ていて、学校で再度習うことでより理解が深まっていると感じます。


授業の中では、お友達とやり取りする場面もありましたが、とても楽しそうでした。


先生はきちんと目を配ってくれている


答えが間違えても責めるような言葉は使いませんし、合っていても過剰に褒めることはしない先生でした。

それよりも、言われた課題に取り組む姿勢が出来ている子、質問の意図を理解してそれを素直に行動に移せた子、にはきちんと言葉がけをしていました。

先生とは今まで連絡帳とのやり取りと、家庭訪問の時に少しお話をした程度ではありますが、入学式当日の子ども達へのお話の内容などを聞いて共感出来る部分も多く、子どもを安心してお任せできる先生だという印象です。

良い先生に担任になって頂いたと感謝しています。


慎重派な我が子


授業参観で少し気になったのが、やはり娘の消極性。

周りの様子を伺ってから行動を起こすタイプなので、誰ひとり起立していなければ例えそれが回答出来る問題であったとしても、ひとりで立って発言することはしません;

積極的な子は誰ひとり立っていなくてもスッと立って発言することが出来ていましたね。


帰宅後、娘になぜあなたもそうしないの?と聞いてみたら

「目立つから嫌」

と(;^^)

理由が分かったので、私からはそれ以上は何も言いませんでした。


よく言えば慎重、悪く言えば消極的、周りの雰囲気に流されやすい。


欲を言えば、もう少し積極性を身につけて欲しいけれど、性格なのでなかなか変えられるものではないと思っています。

得意な分野を伸ばして自信を付けてあげることで、少しずつ変っていくことは出来るのかもしれません。


私は娘くらいの年の頃、今の娘よりももっと消極的な子だったと思います。(娘の性格は私の遺伝ですね(;^^)

なので娘の気持ちはとてもよく分かります。

私はその後、中学で入った部活動で先輩にしごかれ、かなり変ったのは自他共に認めるところです(;^^)


娘もこれから先、どういったきっかけで変るか分かりません。

無理させることはせず、長い目で見てあげたいなと思います。


ゆっくり大人になろう♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事