Welcome to my blog

少しずつ量が増えてきたよ ~学校の宿題

0
Category学校あれこれ

宿題も色々~♪


入学してもう4ヶ月目です。早いですね~

学校の宿題が少しずつ増えてきました。


始めのうちは音読とひらがなプリントが毎日。

ひらがなプリントにはかなり赤ペンも入りましたが(;^^) そんな大した量ではありませんでしたので、ひらがなは「綺麗な字を習得する」目的で頑張って取り組ませていました。

結構効果はあったので、宿題もやり方次第で良いのかもしれないなぁ~なんて感じていました。


反面、「これは???」疑問もあります。


最近は、音読と計算カードが定番です。これは毎日です。

その他には、授業中に終わらなかったプリントがあればその続きや直しがありますが、これは時々。


なぜ宿題に親のハンコがいるのか不思議です


音読と計算カードには、”確かにやりました”の証に、親のハンコがいるんですね。

コレ不思議です。宿題になぜ親のハンコがいるのでしょうかね。

別に良いんですけどね、押すくらいどーってことないんですが、何か違和感があります。

親が宿題を見ることを前提にしたいのかもしれませんが、勉強は各個人のやるべき事だし、それに対してやった証、親が見た証、はいらないと思うな。

なんかね、強制が見え隠れして嫌なんだな。

そして、1年生であっても信用してあげて欲しいな。

ズルする子はどんなことしてもズルするよ。ハンコいらないよ。


計算カードの意味が分からないな~


計算カードとは、単語帳と同じ作りで、表に「1+1」と式が、裏に「2」と答えが書かれている紙をリングでまとめているものです。

こういうの⇩

単語カード 


暗記ものの時に活躍する単語カード。


娘はこれを「いちたすいちは」と声に出して読み、めくって「に!」と答えをまた声に出します。

学校でそう習ったのだと思うので、これが正しい使い方なのかな。


「足し算」と「引き算」両方が宿題で、これがなかなかの量で時間を取られます。

娘は真面目に取り組んでいるのですが、正直言って母は、このカードの意味が分からなくてモヤモヤします。

算数は暗記科目にしたくないし(思わせたくない)、このカードがなぜ宿題で出されるくらい学校で重要視されているのかが分からないんです。効果は???これなら100マスみたいに計算したあとに鉛筆で数字書く練習した方が良くない?(素人が偉そうにスミマセン)

確かに九九とか、単位の決まりとか暗記しなくてはいけないものもあるのですが・・・(説明ムズイ)

個人的な理由を絡めてしまうのはどうかと自分でも思うのですが、他に取り組んでもらいたいことは沢山あるので、目的がはっきり見えないものはやらせたくないのが本音です。(素人が偉そうにスミマセン)

学校から帰宅後は、本当に時間がないので・・・


式を見て、パッと頭の中に数字が浮かぶようにするトレーニングなのかな?

式と答えを暗記させる?まさかね。


効果のあった音読


音読はやってみるとなかなか良かったです。

教科書を音読するように言われていますので、教科書も3周目に入りました・・・(;^^)

ここで気付いたことがあります。

3周目にして教科書の内容が、よく理解出来るようになってきているということです。頭の中に残るんですね。

興味のあるお話は、自分で図鑑を見て調べたり、深掘りしています。

これは、毎日毎日、土日も!しつこいくらい音読の宿題が出たからかも。


本音を言えば、途中で先生に「他のモノにしてもいいですか?」と代替案を提案させていただこうかと思いましたけど・・・音読は効果があると、何かで読んだことがあったので、それを思い出して言いませんでした。

石の上にも三年・・・国語の教科書も3周・・・やり続けると見えてくるものがあるのかもしれませんね。

なんてね(;^^)


宿題との付き合い方


4月の家庭訪問の際に先生に「宿題多くないですか?」と聞かれました。

その時はまだひらがなプリントだけだったので、「今のところは大丈夫です」と答えました。

どうやら、泣きながら宿題やってるお子さんもいるとのこと・・・

先生も、そういった生徒のことを心配しつつも、授業だけでなく家庭での復習が大切な事、そして学習の習慣化、そういった事もあるので、宿題を減らしたり廃止したりはなかなか出来ないのだろうなぁと思います。

かといって、一人一人オーダーメイドの宿題を作るなんて事は作業が膨大すぎて不可能でしょう。


学校が始まる前は、私自身の記憶から「大量の宿題、嫌だなぁ」って思っていたのですが、宿題の量や質は、かなり学校によって差があることが分かりました。

そして、これはすごく意外だったのですが、娘が宿題を楽しんでやっています(;^^)

音読なんて特に。歌うように読んでます。朗読好きなのかな。


家では、宿題の良い面は活かしながら、疑問に思うところは何らかの折り合いを付けていくしかないのかなぁと思っています。

学校の宿題については、様々な意見をネット上で見ることがあり、考えさせられることもあります。

疑問(今だと計算カード)については、機会があれば先生に聞いてみてもいいかなとは思っています。

まだ低学年で、出される量も少ないから、こんな悠長なこと言ってられるのかもしれませんけどね。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事