Welcome to my blog

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘がオーバーフロー起こしたのは親のせい ~2年算数 長さ・かさ・時間

0
Category小学1年

単位の復習を一気に進めてしまった


先取り学習の教材として利用している進研ゼミ小学講座2年のメインテキスト(今月分)が終わったので、朝学習はその時間をメインテキストでやった単元の復習として、プリント学習に取り組んでいます。

課題は、「長さの単位」「かさの単位」「時間の長さの単位」です。

これらが混ざった単位の復習を、ここ数日一気にやってしまおうとしていました。


この単元は、だいぶ理解が進んできてはいるのですが、「どうしてココが分かっているのにココが間違うの?」という事を何度も繰り返していました。


チャレンジで何度もやった単元なので、「もうこれくらい出来るよね」と言う目線でしか娘を見ていませんでした。

これ、本当にイケナイ。(←よくやらかす) 大反省。


長さの単位(m,cm,mm)は、定規を目の前に置いてあるから、見れば分かるよね?

かさの単位は、牛乳パックを目の前に置いてあるから、見れば分かるよね?
(牛乳パックに、L,dL,mLそれぞれを分かりやすく表示した紙を貼っています)

時計の長さの単位は、触れる時計を目の前に置いてあるから、見れば分かるよね?


もうさ、答え見てるようなものじゃん?どうして分かんないのかな?


なんて、おばかな母は思っていましたよ (((´・ω・`)カックン…


娘がどうして分からないのかが私には全く理解出来ていなかったのでした。娘を見ているようで見ていなかったんですね。ちゃんと。


一気にやってしまおうとした結果


今日、娘の様子をじっくり観察していたら、どうもね・・・


長さの単位とかさの単位は10進法なのに、時間は12・60進法


このあたりが頭の中でごちゃごちゃになっている模様です。


娘の頭の中が、オーバーフロー起こしている状態なんだと思う。


大人にとってはもう「当たり前」となっている単位。

子どもにとっては「当たり前」なんかではなく、始めて見る・聞くもの。

特に時間の単位なんて、分かりにくいよ。


どうかしてる


家でやっている先取り学習は、基礎だけの位置づけでサラッとやっていますが、基礎だけって言っても、本来なら学校で時間をかけて学習する内容です。

それを家では朝の20~30分×数日しかやっていないのです。

たまに分からない箇所があると倍の40分くらいかけますが・・・登校時間ギリになってしまうので、時間の制約があるので・・・といった、完全に親都合。

撫でる程度にしかやらせないで、十分時間もかけてあげないで、

それなのに「なぜ?」なんて、私は本当にどうかしてる。

もっとゆっくりじっくり丁寧に。(←娘によく言うセリフ・・・人のこと言えない!

長さなら長さだけを、かさならかさだけを、もっとじっくりやるべきだった。


子どもの視点で


教育熱心な親御さん方のブログを読んで、「ウチはゆるすぎるのかなぁ~」なんて最近思っていたので、変に焦ってたのかなぁ。

そんなつもりはなかったんだけど・・・

いつも笑顔でいて欲しい、勉強を楽しんで欲しい、って思いながら真逆なことやらせてしまった。

追い詰めてどうするんだ、何したいんだ、って話です。


時計の学習、じっくりやっていきます


分かりにくい時間の計算。

こちらの時こくと時間 (くもんのらくらく算数シリーズ)を、少し前に購入していました。


ドリルと時計のセットです。

時計はこんな感じで、分と時間が分かりやすい表示になっています。

手でぐるぐる回して使います。逆に回しても壊れません。

くもん時計1 


このくらいの薄い作りで、軽いです。

くもん時計2 


直径:約9.5cm、厚さ:約1cm。

机上に置いて使うのに丁度良い大きさ、薄さ。

長針は1分毎に”カチカチ”と動かせます。短針は、長針を動かすと連動して動きます。素晴らしい。


しばらくは、こちらの付属のドリルでじっくりやっていこうと思います。

ドリルは3年生までが対象になっていますので、長く使えそうです。


ゆっくりやろう、ゆっくりじっくり。娘の視点に立って。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。