Welcome to my blog

そろばんの進捗など ~子育てに必要なスキル

0
Categoryそろばん
娘、珠算7級(全珠連)練習中です。

先日記事にも書きましたが、7級はかけ算が2桁×2桁となりました。

かける数の桁が増えたことにより、少し複雑に。


分からないと言って泣くのではないかと思っていたのですが、意外なことに、「分からない」とも言わないし、泣くことも今のところなく(^^)成長!


珠を置く場所を間違えたり、答えを書くときに0を忘れたりと、ミスはありますが、やるべきことの理解は出来ている様子。


今日、家でかけ算の練習をしていたのですが、15問中5問しか合ってない Σ(´∀`;)

ですが、娘の様子を見ていると、なぜ間違えたのかが自分で分かっているようでしたので、これは心配いらないな、と思いました。


いつの頃からか、自分で○を付けたいと言うようになったので、答え合わせは自分でやってもらうようになりました。

答え合わせ→間違えたところを直す を2回までは自力でやってもらい、3回目の直しからは私が見るようにしています。

娘の丸付け

娘のはなまる 

(字が汚い・・・)

正解したところに、自分で花丸付けてます。しかも、1つ1つに・・・(;^^)


この、「自分で答え合わせをする」これが意外と良い効果を生み出しています。

例えば、0の書き忘れが多いことに気付いたり・・・です。

自分で気を付けようという意識に繋がっているような気がします。

答えを見て、自分で感じるものがあるのは良いなぁ、と思いました。


そろばんは、昨年の7月末にお教室に入会したので1年が経過しました。

1年経って、何というか、応用が利くようになったと思います。

以前はお教室だけではなかなか難しく、家でも繰り返しサポートしなければ前に進めなかったのが、今はお教室で教わり、そこでちゃんと理解してくるようにもなりました。


見取り算は、珠を弾くスピードがとても速くなっていて、見ていて全く私の目が追いつきません。

近いうち、そろばんは私を追い越すと思います。


1年経って、こんなにも変るものかと、じーんとしました。


何度も同じ所を間違えていた九九も、ちゃんと直りました。

振り返ってみると、細かなところで心配しすぎたな~と思います。


親はあまり心配しすぎず、子どもを信じて、お小言は半分飲み込むくらいで丁度良さそうです(;^^)

そして、目先の成績に一喜一憂せず、長い目で見てあげること、これは本当に大切な事だなと。

子育ては忍耐だと言われますが、本当にその通りで。


子どもを信じる力こそ、親が(私が)一番必要とするスキルのような気がしています。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事