Welcome to my blog

最近購入の本と文房具

0
Category自宅での取り組み

小学生のまんがことわざ辞典


先月、問題集の他にも本を2冊購入しました。

まず1冊目は、ことわざ辞典です。

娘はトップクラス国語にチャレンジしていますが、現在標準→ハイクラスと終わり、トップクラスと残りの問題を解いています。

その中に、「ことわざ」が出てきました。

そういえば、娘にことわざを教えたことはほとんどなかったことに気付き・・・

ことわざ辞典を購入しました。

一応購入前に、「読む?」と聞いたら「漫画なら読むよ!」ですって・・・

色々迷ったのですが、監修が金田一先生の本を選びました。


1ページにひとつのことわざ、ページの右半分に4コマ漫画があって、左半分に意味や使い方等が書かれています。

オールカラーで見やすく、読みやすい。

娘はとても面白がって、夢中で読んでいます。

学校から帰ってくるなり「あー、早く読みたい!」とそわそわしています(;^^)

漫画の力、凄いです・・・(;^^)


フィボナッチ -自然の中にかくれた数を見つけた人


もう一冊はこちらの絵本です。


以前、スーパーエリートの数列の問題でフィボナッチ数列が出てきたことがありました。

それ以来、「フィボナッチ!フィボナッチ!」と意味が分かっているのか分かっていないのか、よく口にするようになりました。(;^^)分かってないよね?


私は以前、お花の仕事をしていた時期があったのですが、その頃はフィボナッチを使っての装飾指導もしていましたので、身近に感じています。

フィボナッチは様々な分野で活用されていますね。とても不思議な数だな~と思います。


本の帯だったかな?こう書かれていました。

「それは偶然ではなく、数が自然に愛されている証でもありました」

素敵ですね~♡


娘にはまだ意味を理解するのは難しいと思いますが、本を通して少しでも数に親しんでもらえたらいいなぁ、と思っています。

数の持つ奥深さ、とか。楽しんでもらえたらと思います。


こちらの絵本は、レオナルド・フィボナッチがどういう子ども時代を過ごしていたのか、成長過程を描いた絵本で、数列などの難しい本ではありません。

天才というのは、周りから理解されにくく、孤独なのがよく分かります。

そして、「好き」には大きなパワーがあるのだなぁ~と。(^^)


三角定規購入


進研ゼミのチャレンジ2年生で、直角三角形と正方形、長方形の勉強が始まりました。

直角を探すのに、三角定規を使います。

以前、何かのイベント時に頂いたぺらっぺらの三角定規しか我が家にはありませんでした・・・(;^^)

ぺらっぺらで反り返っています(;^^)(;^^)(;^^)

いずれは学校でも使うので、きちんとしたものを、と購入しました。


女の子バージョンです。ピンクと紫がさりげなく可愛いです。

半透明の袋が付属していて、2枚の定規を一緒に収納出来るようになっています。

娘の定規は、ソニックのナノピタで統一しています。

入学時の直線定規はこちらのナノピタを買いました。


線を引いているときに滑る定規って嫌だなぁ~と常々思っていたので、こちらのナノピタに満足しています。

ついでに分度器も買いました。こちらもナノピタ。

角度見ているときに滑るの、イライラするので~(短気ですみません(;^^)



こちらのクツワさんの三角定規は、角度が分かりやすいように色が付いています。

こっちも良かったんですよね~迷いました。笑



ついでに学習の進捗


進研ゼミのチャレンジ2年生10月号はメイン学習が終わり、赤ペン先生の課題も、昨日提出しました。

課題が終わると朝が少し気持ち的に楽ですね。笑

先日から、テーブル側の本棚にずーっと前から入れっぱなしになっていた、「ロジ算(計算ロジックパズル)」のプリントを急にやりはじめました。


やり方は何も説明していなかったのですが、自分で「遊び方説明」を読んでやっていました。

説明を読んで理解出来るなんて、いや~成長を感じます。


パズル系、好きみたいです。

お勉強の中にも、「好き」を増やしていけると良いですよね。(^^)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事