Welcome to my blog

全統小テスト受験してきました ~当日の様子と自己採点結果

0
Category通信教育・進学塾のテスト

当日の様子


入り口前に受付があり、元気のよい挨拶で出迎えてくださいました!

ウワサ通りの熱い早稲アカ。いいねいいね!

受付を済ませると、塾のパンフレットと英語の本を頂きました。

早稲田アカデミーの先生が出版された本のようです。ありがとうございます。

まだ少ししか目を通せていませんが、読ませて頂きます。


保護者会に参加しました


1年生はこちらです、と案内して頂き、教室の中に入りました。

ほとんどの親御さんは中まで入っていなかったので(先生が教室に待機してくださってます)、娘が席に着いたのを見届けて、私も「頑張ってね~」と声を掛けただけで、すぐに教室を後にしました。


私は保護者会に参加。

保護者会では色々なお話を聞くことが出来ました。

中でも印象に残っていたのは、やはり出来る子は「トライ&エラー」を繰り返している、と。

ひらめきや直感だけで解いているのではなく、粘り強く時間をかけてチャレンジしている、と言うこと。


あとは、筆算を使う子になって欲しいですか?暗算が出来る子になって欲しいですか?というお話。

うちの子、暗算をしてよく間違えるんです

この質問が多いそうです。まさにうちもそう。

これね、問題ないようですよ。例えば、

76×19

こういう問題があったとしたら、筆算でやらせたいですか?

76×20=1520
1520-76=1444

こういう計算の工夫が出来る子にしたくありませんか?

というお話でした。

暗算と筆算では使う脳の部位が異なるそうです。

↑のような工夫をした暗算をするということは、「頭を使う」と言うことですものね。

ミスをしないために筆算を強制させることは、そういう算数脳開発を妨げることに繋がってしまうそうです。

必要に迫られたら勝手に筆算をする(確認のために)ので心配しないでください、というお話でした。

なるほど、納得だなぁ~と思いながら話を聞いていました。


うちでやっている暗算は珠算式暗算なので、↑とはちょっと違いますけどね、工夫出来るって素晴らしいですよね。そういう事も出来るような取り組みをさせて行きたいなぁと思いました。

同じように途中式を書く・書かない、字が汚い、なども娘に当てはまり、私はそういったことも心配していたのですが、お話を聞いて、「心配いらないんだな、大らかに見守っていよう」、という気持ちになれました。

やはりプロの方のご意見を聞けるのは貴重ですね。大変勉強になりました。


解説授業に参加しました


テストの後、テスト問題の解説授業が受けられるということで、受講しました。

保護者も後方の席で見学が出来ました。


算数と国語、それぞれ違う先生でした。1年生だからかな?思ったほど「熱血!」って感じはなかったですが、丁寧で良い指導でした。

手を上げる生徒を当てないんですね。手を挙げていない生徒に目を配ってくださる。発言のチャンスを与える。塾の方針なのでしょうかね。

娘は積極的に発言するタイプではないので、有り難い。


しかし、1年生、後ろで見てるとほぼ・・・

きょとーん

って感じ(;^^)


分かっているのか、分かっていないのか?

もっと積極的に意見が飛び交うのかと思っていましたが、皆緊張しているのかな?

少し発言する子もいましたが。


やっぱり塾はまだ早いな~と思いました。←娘に対してです。

塾に行っても、「先生の言うことがよく分かんないまま授業終わっちゃった!」って感じだと思います。

実際、解説授業を受けた感想は↑のまんまでしたよ(;^^)


それともう1つ・・・

1年生って・・・超可愛い!!!(*´ω`*)

大きな椅子に(高学年も中学生も同じ机・椅子だから)ちょこーんと皆座っていて、後ろから見ていて、本当に小さくて可愛かった♡

ゆっくり大人になろうね♡


自己採点


娘が採点を嫌がるので、自己採点が難しかったのですが、今日学校に行っている間に持ち帰ってきた問題用紙を見てみました。

相変わらず書き込みが少ない・・・


国語は書いてあったのでそこそこ採点出来ました。

本人は最後まで出来たと言っていました。

「30分より前に出来たよ!」と。多分、見直しまではしていないと思います(;^^)


算数は、答えや途中式が書いてあったのは最初の方だけで、あとはほぼ真っ白・・・

本人も「最後まで出来なかった」「間違えた」と自信なさげに言っていました。


採点を嫌がる本人から聞き取り調査も出来なかったので、
・問題用紙に書いてある答えが、正解しているもの⇨○
・問題用紙に書いてある答えが、間違っているもの⇨×
・問題用紙に答えを書いていないもの⇨×
として採点してみました。

正解していても、転記ミスなどあるかもしれませんので、”多めに見積もって”の概算です。左側の数字を下回る可能性は大いにいあります。

国語 117>138
算数 71>119

算数・・・(´;ω;`)


ま、まぁ半分位は出来ていたみたいなので、よ、よいです。(動揺)

国語は結構な長文が出題されました。その割りによく出来たと思います。


前回のように細かく分析はしていませんが、全体的に見て、やはりハイレベルだと思いました。

6月のテストの時は、「時間が足りない」でしたが、今回は問題のレベルが一段上に感じます。

こういっては何ですが、学校のテストとはまるで違います。問われているものが違います。

特に算数は、解説授業の時に保護者用に問題用紙を頂きましたが、パッと見て思ったのは、

「撃沈だったんじゃないかな?」

でした。(;^^)

なので、半分くらい出来ていたので良かったな、と。レベルの低い話ですみません。


結果の返却は2週間後以降だそうですので、まずはそれを待って、娘と一緒に答え合わせをして、出来なかった問題は、ゆっくり解決していこうと思います。

結果が分かりましたら、また詳細をUPしたいと思います。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事