Welcome to my blog

漢字検定

漢字検定9級合格しました(小学1年・2月)

0
またまた久しぶりの更新になります。

先月受検した漢字検定の結果を載せておきます。

漢字検定9級の結果


準備不足で慌てて対策しましたが、十分満足のいく結果となりました。

150点満点中、144点で合格です。
3問落としていますが、ま、上出来でしょう。大いに褒めました。

漢字検定9級 

こうやって成功体験を積んでまずは自信を付けて欲しい。

自信が付く→好きになる の相乗効果で、成績は伸びるはず。


漢字検定9級 検定対策


我が家で取り組んだ検定対策の覚え書きです。

まず、9級は小学2年生相当の漢字が出題されます。

こちらの図が参考になるかと。

漢字検定目標 


【進研ゼミ小学講座】 2年 を受講していて、漢字を含めた2年生の学習は1年生の春から始めていますので、2年生の漢字はほぼ終えたはずでした。

な・の・に!!!

11月下旬に受検を決め、実際やってみると

全然覚えてないじゃない!!!

という、受検2ヶ月前にして緊急事態となりました。(;´д`)トホホ

あまりの出来なさに、愕然としました。

急いでこちらを購入。


これ、とっても良かったです。段階を踏んで、無理なく進められます。
文字通りステップ教材。

こちらを1ヶ月半ほどでザーッと終え(算数はお休みでとにかく漢字に集中しました)、検定2週間前からこちらで過去問を集中特訓しました。


過去問題が13回分収録されているので、一日一回分ずつで、ちょうど2週間で終えられます。

間違えた漢字は、本人が納得いくまでノートやメモ用紙で練習。
(といっても、3つくらい書いて「やった~」という適当さでしたが・・・)

昨年、10級を受けたので、検定に向けての学習の流れが大体把握出来ていたのは良かったと思います。今回はそういう意味では楽でした。

慌てたけど(;^^)

これからは部首名など入ってきて、文字も複雑になってくるし、難易度が上がってきますね。
次回からはもう少し前倒しに状況把握などをして、対策しておくようにしようと思います。


漢字検定を受検する理由


前回の記事でも触れましたが、やはり次の学年の勉強を始めても問題ないかの目安になるというのが大きな理由です。

算数と違って、漢字は学年を飛ばしても問題ないかとは思いますけど、何事も段階を踏んでいく方が、無理なく定着するのではないかと思います。

他にも、本人に自信を付けさせる、漢字練習と言った暗記科目の練習のモチベーションにもなる、といったところでしょうか。

通い慣れたお教室で(そろばん)受検できる、という利点もありますし。


さて、お次は算数検定です


4月に受検します。こちらも小学2年生相当の算数の総復習の意味での検定です。

今、グレードアップ算数の文章題をやっています。今月中には終わらせて、4月に入ったら過去問題に取りかかる予定です。

ちょっとね、まずいかなって予感もしています。

言わないとサボるようになってきているし、苦手とする単位の変換、いまだに暗記出来ていなくて、まずい感じ・・・(ノω<;)

お風呂で計量カップもたせて、問題を出したりしていますが、

1Lは何mlかな?

えーと、1000ml!

おお!正解!天才!
じゃあさ、1dLは何mlかな?
1dLは-、えーと、、、1000ml !

_| ̄|○

こんな感じっす。ヤバい。

頑張りま~す(頑張るのは娘だけど)


関連記事