Welcome to my blog

数の概念(10より大きい数) ブロックでは理解し難い?

0
Category幼稚園年長

1年算数のカリキュラムは一通り終えていたつもりでしたが、”お金の計算”をやっていませんでした。

 

資料請求したリトルくらぶの教材サンプルにお金の計算の単元があったので、100円ショップで購入した玩具のお金を使って説明しました。 

 

ちなみに、こちらの玩具のお金はダイソーで購入。

1円玉と5円玉は入っていませんが、2千円札は入っていますw 硬貨が他の玩具のお金と違って、ホンモノに似せて出来ているところが素晴らしい。


お金の勉強の導入ツールにとても良いと思います。

 

お金の玩具 ダイソー 



以前の記事、数の概念(10より大きい数)に、


「10が3こ、1が2こ、あわせて (   ) です」


などの問題を具体物を使って説明してもなかなか理解してもらえなかったことを書きました。

 

これは、年長児に先取りさせている事などから、私が娘の発達を無視した取り組みだったのではないかとその後大反省することになった単元です。


過去記事*新しい順

数の概念(10より大きい数)その後

数の概念(10より大きい数)


 

今回は、先日”お金の計算”に取り組んだときに気付いたことがありましたので、前回書いた記事の事柄も絡めて書いてみようと思います。

 

 

1年算数の単元に、”10よりおおきいかず”というのがあります。

 

その中で大きい数の理解のために、「10のまとまり と いくつ」の構成を学校ではブロックを使って指導することが多いようです。

市販の問題集でもブロックの絵を使った問題をよく見かけます。

 

娘に同じくリトルくらぶのサンプル教材を解いてもらいました。

前回の特訓の成果か、10のまとまりについては理解出来ているように思えました。

 

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

今度は100のまとまりのところでまた以前と同じようにつまずきました。

 

 

 

問題

「百のいたが( )まいで( )です。」

 

何度も何度も説明しましたが、答えられません。

 

 

娘がなぜこれを理解出来ないのか、私には本当に不思議でした。

 

 

なぜかというと、前回やったリトルくらぶのサンプル教材「かずのつくりかた」最後の1問以外は自分だけの力で答えることが出来ていたから。

 

 

なぜブロックだと分からなくなるのか。

 

 

以前、10のまとまりの説明をした時に、プラステンのリングを使って説明したことを思い出しました。5色のリングが10個ずつ棒にセットされている玩具です。


そのリング10個をカゴに入れて「これが10のまとまりね」って説明していました。

 

これも、何度説明しても分かってもらえなかった。

※後から思えば、紙に書かせたモノ(○に10を書かせて”まとまり”を意識させた)と、目や手を使って実際に動かしている具体物が頭の中で一致しなくて、大混乱を起こしていたのだと思います。

その時は気付きませんでした。大人目線で”分かるだろう”なんて思ってはいけないのですね。


 

だけどそれがお金だと、理解は早いのです。拍子抜けするくらい。

 

ついでに次の「お財布にお金を書く」ページもやってもらいましたが、全く問題ありませんでした。

 

お金の計算は、そろばんを使うとより理解が深まったようです。

 

1の位の1珠ひとつ   → 1円

1の位の5珠ひとつ   →  5円

10の位の1珠ひとつ → 10円

10の位の5珠ひとつ → 50円

100の位の1珠ひとつ → 100円

100の位の5珠ひとつ → 500円


こちらは頭の中にあるそろばんとお金を関連づけることによって出来たのかもしれませんが、もしかしたら娘にとって”10のまとまり” ”100のまとまり”を考えたときに、見た目(数)が増えていくブロックよりも、単位が増えるだけのお金の方が”まとまり”を理解しやすいのかもしれません。

 

それは、そろばんのトレーニングを続けていくうちにそうなったのか、もともとそういうモノの捉え方をする子なのかは分かりません。

 

そしてもう一つ、これはよく言われていることですが、

 

計算が出来ることと、数の概念を理解出来ていることは、必ずしもイコールではない

 

とても納得しました。

 

 

 

娘は理解出来ないモノを理解するように迫られて、相当辛かったんじゃないかな・・・

可哀想なことをしたと思います。


いずれは、ブロックやおはじきを使っての”まとまり”は理解出来る時が来るのではと思っています。

焦らず、その子に合ったやりかたで・・・

 

大人の目線で、まるで「こんなの分かって当たり前」かのような話し方や態度は決してしてはいけないのだと、改めて反省するばかりです。

 

 

ちなみに、リトルくらぶの教材の内容はとてもいいなと思います。

2月始まり(今からだとスタートに間に合わない)と、予習メインの教材が教科書対応していないので他と迷っていましたが、教材が良いので更に迷うことになりました。

 

 

---追記---

100玉そろばんも何度か使ったことありますが、同じように娘にとって理解することが難しいツールだったことを思い出しました。(100玉ではない、5珠と1珠のある)そろばんのイメージが既に頭の中に入っていたからかもしれません。


関連記事