Welcome to my blog

読書好きな娘に、フィンランドメソッドの読書日記を。

0
Category幼稚園年長

フィンランドメソッドの読書日記、まだ始めて間もないですが感想など。


内容はこんな感じになっています

 

絵日記帳を探していて偶然目にしたこちらの本。


親子で書こう!100さつ読書日記―フィンランド・メソッドで本がすきになる


 


おすすめリストにある100冊の本を読んで感想を書いていく本です。

 

おすすめ本の表紙が印刷されたシールが100冊分用意されており、読み終わったらシールを貼り、題名・作者・日付・感想を書きます。


フィンランドメソッド日記 



まだ「可愛かった」「怖かった」「面白かった」・・・このようなストレートな感想しか書けませんが、少しずつ具体的に書けるようになるといいな、と思います。

 

5冊、10冊、20冊・・・読み終わる毎に親がひとこと書き込めます。

 

フィンランドメソッド日記2 



金色の星シールを貼るのですが、あえて★2個にしました。


なぜならば、図書館であれもこれもと7冊読んだのはいいけど、帰宅後感想を書くときに

 

 

忘れちゃった ♪~( ̄ε ̄;) 

 

 

ということがあったので・・・ナニソレ_| ̄|○

 


読書は世界を広げてくれる


数多く読むことを目標にするのではなくて、本を読むことでいろんな事を感じ取って欲しい、本を通して疑似体験することで世界を広げて欲しい、と思っています。

 

そして、感想文を書くことで自分の気持ちを文章にして表現する力を少しずつ。


今現在、20冊くらい読んだかな。


リストにある本を探すのが意外と大変です(;^^)

 

家にある本の中でリストに載っていたのはわずか5冊程度でした。


後は図書館で探して読んでいます。


最近は、最寄りの図書館にない本はウェブ検索して予約も出来ますから、便利な時代になりました。

 

図書館以外でも、幼稚園にも置いてある本があるそうで、紙にタイトルをメモして時間があれば読んでいるらしいです。


「前はあったんだけど、今は○○組のお部屋に行っちゃったみたい~」と残念がることも。笑

 


リストにない本は

 

リストに載っていない本の感想を書き込める欄もありますが、5冊くらいだったかな、少ないのでそちらは別途ノートを購入した方がよさそうです。

 

購入の際、ドラえもんの読書ノートと迷いました。


ドラえもんの夢をかなえる読書ノート (小学館ジュニア文庫)




娘は本好きでよく本を読む方だと思うのですが、感想文を書くところまで毎回持って行けるか?と娘の性格を考えたときに、

 


いや~、途中で面倒くさくなって終わりだよなぁ~(^◇^;)

 

 

フィンランド・メソッドの方は、シールを貼っていくことを娘が面白がっていて、次はこれを読もう!という意欲に繋がりやすく、本を読んだら感想文を書く流れを自然に作ることが出来ていると感じます。


このまま続けてみて感想文を書くことが身に付いてくれれば、ドラえもんの読書ノートへの移行もしやすいかな、と思っています。

 

始めは、「100冊指定されているのってどうなのかな?」と思いましたが、普段進んで手に取ることがなさそうな本を読むきっかけになりましたので良かったと思います。


読んでみたらすごく面白かった♪と新たな発見もありますし、そうやって読書の世界を広げていけると楽しいですね。


10冊20冊と区切って達成感が味わえるようになっている工夫も良かったです。



娘が最後まで書き終えたら母の宝物にしよう・・・♡



たくさんの活字に触れたいようです


幼児向けの絵本は字数が少ないので一冊すぐに読み終えてしまいます。


もっとゆっくり、絵もみながら読んで欲しいのですが。


娘の中で、活字ブームが起きているのか、次々と読んでいきます。


小学生向けの本は絵が少なく字数も大幅アップですね~


昨日はこちらの本


エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ) 




「読んでくる!」と、意気込んで家族と図書館に行ったのですが、途中で疲れちゃったらしく一冊読めなかったようです。笑


借りてきてもいいのですが、なぜか毎回「図書館で読む」と。


図書館が好きなのかもしれません。ここのところ休日は図書館通いです。



親子の会話作りにも一役買ってくれました


こちらの読書日記を通して、読書を親子で楽しむことが増えました。


会話作りに一役買ってくれたのは最大のメリットです。


良くないのかもしれませんが、娘がひらがなを読めるようになったあたりからは、娘がひとりで読むことが多くなっていましたから、親子で楽しむということは少なくなっていたと思います。


最近は、娘が楽しそうに本のお話をしてくれるのを聞くことが、私の楽しみのひとつとなりました。



欲しいものを”遠慮して欲しいと言わないのか”、”物欲がないだけなのか”、普段めったにおねだりすることのない娘ですが、本だけは時々「欲しいんだけど」と言ってきます。


本だけは惜しみなく買ってあげることにしています。母の夕飯のおかずを減らしてでも買ってあげたい(と言っておきましょう・・・



今日はこちらをおねだりされましたので購入予定です。



NEWウォーリーをさがせ!きえた名画だいそうさく!

 



時間がかかるから、図書館ではゆっくり取り組めないのだそう。

 

・・・・・・・・・しかしこの本、結構お高い(;^^)


 

余談ですが、クリスマスにおねだりされたこちらの図鑑。


DVD付 鳥 (講談社の動く図鑑MOVE)




娘にドングリを食べるキツツキがいると聞き、図鑑を見たら本当にいました。

 

その名もドングリキツツキ。そのまんま! ε=\_○ノ ズコー

 

ドングリこうやって蓄えておくんだ!面白すぎる!娘と大爆笑でした((*´∀`))


図鑑お持ちの方はぜひ見てみてくださいね☆



関連記事