Welcome to my blog

4月から追加の通信教育・・・結論出ました。

0
Category通信教育

4月から新たに追加する予定の通信教育、どこにするか年末から散々迷った結果・・・

 

 

 

やめました

 

 

 

1年生のうちは、追加しません。進研ゼミ一本でいきます。

(進研ゼミの英語はプラスするかも)

 

資料請求してサンプルの比較検討、SNSで情報収集。

 

いや~、かなり疲れました・・・(ヽ'ω`)

 

 

でもまぁ、今まで知らなかった塾や通信教育会社を知ることも出来て勉強になりましたし、中受する場合のプランを大まかに頭の中に描くことが出来たので、このタイミングで調べておいたのは良かったと思います。

 

2年生に進級する頃に、また娘の状況を見て通信教育を検討するかもしれません。

多分、その頃には小学校生活や習い事のリズムも掴めていると思うので、今回ほどは迷わないのかなと思っていますが。

 

中受をするなら4年から進学くらぶに入りたいので、それに付いていける学力を付けておくのが当面の目標といったところでしょうか。


中受するしないは娘が決めることですが、受験すると決めた時に困らない程度の学力はつけておいてあげたいのです。

 

小学校入学後は、このまま進研ゼミで1年先取りと、書店で手に入る市販の教材を使って1年生の勉強を深く理解するための勉強をしようと思っています。

 

新しく始まる学校生活、何もかもが初めての中、毎月決められた課題をこなす必要がある通信を新たに加えるのはかなりしんどいのではないかと思い直しました。

 

進学塾のHPを見ても、低学年のうちの勉強は、勉強の習慣を付けることと、勉強に興味を持ってもらうことだとありましたので、これで十分かなと思います。

 

あれもこれもと取り組みすぎて、子どもが負担を感じるようなら逆効果ですし。

 

いっそ先取りをやめようかとも思ったのですが、進研ゼミをやめたくないのと、娘が次の勉強(特に漢字と計算)に進みたいようなので基礎だけ先取っておこうと思います。


先取りをいつまで続けられるのか、いずれは限界が来るのでしょうけれど、今は取りあえずやってみないと分からないです。

 

進研ゼミをやめたくないのは、娘が毎月カレンダーを見て新しいアプリが来る日、教材をダウンロード出来る日を楽しみに待っていること、電子図書館で本を借りて読むのが好きなことがあります。

ちょっと今はやめられないですね。

 

最近、個人的には漢字と計算は子どもの興味と意欲次第で先に進んでも良いのではないかと思うようになりました。賛否両論あると思いますが、どうなんでしょうか。

漢字が読めると読める本が増えるな~とか単純に考えてしまいますが。

 


自宅学習だけで言えば、限られた時間を有効に使うため、漢字と計算問題には(小1の範囲は十分に取り組んできたと思っているので)時間をかけず、その分を国語なら読解、算数なら図形、空間認識、文章題に時間を割きたい。


こういう自由度があるのは市販本を利用するからこそね。通信を利用するより親の負担は増えますが。

 

1年生のカリキュラムを一通り終えた今、得意不得意つまずきやすい傾向等を把握でき、強化しておきたいところが明確になったこと、そしてもう一度学校で勉強できる(復習して定着率を高める)のは先取りのメリットだなと感じています。


実は勉強を進めている中でヒッソリと心の中で「もう一回学校で勉強するし、いっか・・・」と思えたことは、精神的にとても楽でした(;^^)


新たな通信教育に使おうと思っていた時間とお金は、娘と色々な所に行き、色々なものに触れ、今しか出来ない体験を共に楽しむことに使おうと思います。


関連記事