Welcome to my blog

点図形

0
Category幼稚園年長

もっと難しいのをやりたいとリクエストしてきた


「これ簡単すぎるから、もっと難しいのにして!」

 

娘が持ってきたプリントは、点図形。

点と点を結んで図形を描いていくという、小学校受験でも出題される問題です。

 

うちは、こちらのグリッド点つなぎを使わせて頂いています。

いつもありがとうございます┏○ペコ


ぷりんときっずさん



娘は簡単レベルの10まで終わったところでしたが、簡単だと言うので、

じゃぁ・・・

 

印刷する前にモニターで見せました。

 

「これやってみる?」

 

”普通”レベルの問題にレベルアップですが、

 

「え~?簡単すぎる~」

 

と・・・

 

ホントかよ!(心の声です)

 

娘が「これやる!」と指差したのは”難しい”レベルの問題・・・


心の中で「え~・・・」と思ったのですが、やりたいという気持ちを尊重することに・・・


直感だけでは限界がある

 

印刷して渡しましたが、しばらくすると、

 

「これ難しいよー」 泣き言です。

 

娘はどんな問題でもまず”直感”で解こうとします。これもそうでした。


これは年齢的なものなのか、持って生まれた性格なのか。

 

今まで(簡単10)はきちんと書けていたので、最初に説明した後はこちらからアドバイスというものをしていなかったのですが、これがいけなかったのかもしれません。


ずっと直感で描いていたんですね。なんとなく、こうだろう・・・と。

だから難しいレベルになるととたんに出来なくなる。

 

ひとつひとつ書き方を教えていきましたが、私の説明なんか上の空で・・・

 

「ねぇ、ちゃんとお母さんの説明聞いてる?」

 

見ると半泣き状態です・・・思ったより出来なかったのがショックだったのか。

私もまたちょっと説明に力が入りすぎて、熱くなってしまいました。

 

次の問題はすこーし違っていましたが合格点。


コツさえ掴めば大丈夫、少しずつ難しいのにチャレンジしていこうね。


点から点へコツコツと

 

この問題は一気に線を描いてしまおうとすると、上手くいきません。


一つ線を描いたら次の点から点へ線を描く、その繰り返しでコツコツやることが確実で最速。

 

時々、国語と算数に加えて、小学校受験の問題も混ぜてやっていますが、受験問題に触れていると、なぜこれが小学校受験に必要なのか?が少しずつ分かってきたような気がします。


楽しくやっていきましょ

 

こういう図形問題は、ブロックやパズルと同じように遊びとして楽しく取り組んで欲しいな。


次からは楽しい雰囲気を作って


「ちょっとやってみない?」


軽いノリで誘ってみようと思います。


関連記事