Welcome to my blog

学習法の見直し、完璧を捨てて次に進む。

0
Category学習の進め方

そろばんの進度が予想以上に早いです。

娘は先月10級に合格したのですが、今はもう8級の練習もしているようです。

 

先日先生が、


「そろそろ割り算をやってみようと思っています。どうなるか楽しみです。」


とおっしゃってまして、びっくり(゚д゚)!

 

今まで娘のそろばんの進度を見ていて、ラインギリギリで合格したのではないかと思うことがよくありました。


合格したのは嬉しいけれどその反面、「こんな成績で次に進んで大丈夫なのかしら・・・」と不安に思うことが時々ありました。


ところがその後、次の級に進み練習をしていると、出来ていなかったところが出来るように強化されてくることはあっても、戻って練習をやり直しするなんてことは全くなかったんですね。

 

 

そこで思い出したのが、『スパイラル方式』といった学習法。

 

 

何となくのイメージだけはありましたが、深追いしたことはなかったので調べてみました。

 

はてなキーワードには、

 

スパイラル学習とは

同じ題材を何度も用いて、学習する内容のレベルを上げながら理解を深化させる学習法。

 

と書かれています。

 

この学習法は、進学塾や中学受験に強いと言われている私立小などで取り入れられていることは有名ですが、学習指導要領でも算数・数学にはこの学習法が導入されているそうです。

 

そろばん教室でやっているのも、このスパイラル学習法にあたるのかな???


難しいことは分からないけど、お教室でのやり方は、その級の問題を完璧にやるのではなく、合格ラインに乗れば次の級に進む。


次の級の問題は、また少し桁が増えたり珠の操作が複雑になったりと難しくなっている。


やることは前の級の積み重ねだから復習も兼ねている。


それをひたすら繰り返していくのだけれど、細かく設定された級が少しずつ上がっていくから達成感もあるし、また少し難しい次の段階に進むことでモチベーションも保たれいるように思う。

 

娘にもこれが合っているのか確実に結果に結びついています。


今までの家庭学習では、このまま(理解が不十分なまま)次に進んでしまうのはどうなんだろうと、同じような問題を何度も何度もさせたことがありました。


もちろんそれが必要なこともありますが、非効率というか無理させてしまったような気がします。

 


 

完璧を捨てて次に進むことも必要かもね

 

 

 

と思いまして、学習法を見直すことにしました。

 

 

小学生になったら自宅学習にあてる時間がぐっと減りそうなので、効率よくやっていくことがより必要になるように感じます。


娘の精神的な負担も出来る限り減らしたいし、更には親も少し気楽に!ということで、自宅学習を無理なく細く長く続けていけるようにしたい。

 

親も少しずつレベルアップ。ママ塾1年目の新米なんで大目に見てください(;^^)

 

気付いたことをこうしてブログに書くことで頭の中を少しずつ整理できています。感謝♡


関連記事