Welcome to my blog

先取り学習にチャレンジタッチを1年間使ってみた感想 ~これだけは言える・・・編

0
Category通信教育

GWも最終日、娘は家族と図書館へ行ってしまいました。

私はひとり引きこもってブログ更新中です。明日から学校かぁ~寂しいなぁ~

 

 

さて、我が家では平日も休日も、毎朝7時までに身支度を済ませ、7時からの30分~1時間以内を家庭学習の時間としています。

 

朝やっているのは主に先取り学習で、現在2年生の算数・国語を進研ゼミのチャレンジタッチを使って取り組んでいます。

 

毎朝、娘の側に付いて見ていればよいのですが、朝は何かとバタバタしがち・・・

娘を学校に送り出した後、進研ゼミから送られてくるメールで娘の進捗を確認することもしょっちゅう。

 

そんなある日、2年生の算数「長さ」の単元にミスが続発しているのが気になり、休日の朝ゆっくり見直しをする事にしました。

 

 

間違ったところをもう一回やろう!

 

 

動画でカンガエル(というキャラ)が分かりやすく説明してくれます。

 

ところが娘は・・・

 

 

 

ほんっっとに話を聞いてない!!!目が泳いでますよ?

 

 

 

 

「ここ大事だからちゃんと聞いておかないと分からなくなるよ!」

 

 

 

 

「はーい(^^)♪」

 

 

 

 

・・・ホント適当やな(;一一) 

 

 

問題、ミス続発。って言うか、半分くらいしか理解出来ていない。

 

 

1ミリが10で1センチだよ。(これ、何回も説明した)

「じゃ、ここは何センチかな?」

 

 

 

 

 

 

え・・・っと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14ミリ!

 

 

 

 

 

 

ε=\_○ノ ズコー  何センチかって聞いてるんだけど!(#`д´)

↑心の声です(;^^)

 

 

 

 

 

「いやいや、センチだよ、セ・ン・チ!センチに直してみて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「センチって何だっけ?( ̄ε ̄;)  」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んがああああああああああああああ(*`Д´*)(*`Д´*)(*`Д´*)(*`Д´*)(*`Д´*)(*`Д´*)

 

 

 

 

 

「じゃ、じゃあ、もう一回説明聞いてみようかね・・・」タッチをタッチする手が震えるよ・・・w

 

 

 

まぁこんな感じでやっています・・・_| ̄|○

 

 

 

以前記事にもしましたが、進研ゼミのタブレット学習を1年続けてきてこれだけは言えます・・・

 

 

先取り学習の教材として活用するならば、

 

しっかりと理解を定着させるためにもプリント学習併用は必須です。

 

そして低学年の子は、

 

親のフォローはあった方が良いです。

 

 

 

デメリットもありますがやはり先取りということで新しい単元を学ぶには、

特に低学年の子には紙面上からは理解が難しいことへは動画の方が視覚聴覚へのアプローチがある分、断然理解しやすくなります。

 

これはタブレット学習最大のメリットです。

 

進研ゼミは、教科書準拠なので無理なく進められます。我が家では先取りになくてはならない頼もしい教材となっています。

 

 

どんな教材にも一長一短あります。

 

上手く使いこなしたいですね。(・・・もはや説得力なし(;^^)


関連記事