Welcome to my blog

ハイレベル問題集を前に思う ~先取りせずに解ける子って・・・

0
Category小学1年

先日の記事にスーパーエリート問題集に取り組み始めた事を書きました。

 

備忘録的な・・・ スーパーエリート問題集にやっと着手 - 第一学年の算数

GWも残すところあと1日ですね。 休みは家庭学習もゆったりとした気持ちで進めていけるので、気持ち的に非常に楽です。 我が家の家庭学習は、朝7時からの1時間弱と夕方おやつを食べてからの30分~1時間程度ですが、平日は習い事もプラスされるので、夕方の家庭学習は端折ってしまうこともあります。 ゆっくり娘と遊んだりお勉強したり出来る休日がとても好きです。・・・娘はどう思ってるか分かりませんが(;^^)さて、購...


先取りせずに出来る子


でね、この問題集をパラパラ見ながらつくづく思ったのです。

 

先取りしないでこの問題集をこなせるような子って凄いなぁ


って。

 

娘は1年先取りしています。


算数は、


★入学前に教科書準拠の進研ゼミ1年生講座


★Z会 グレードアップ算数1年(計算・図形)、(文章題)


まで終えることが出来ました。

 

この土台を1年かけて作り、それがあってやっとスーパーエリートなどのいわゆるハイレベル問題集に取り組む事が出来ているのではないかと感じます。

 

更にスーパーエリートには当該学年の範囲を超えた問題が含まれています。


問題集の冒頭に既習内容の発展で学べることについては先取りとして掲載」と書かれてありますので、しっかり思考力が付いているお子様は自分で工夫して解けるようになっているのでしょうが、それが出来るならば本当に凄いことです。


娘は今進研ゼミで2年生の算数に取り組んでいるので、それがあるからこそ”発展問題”にもそのうち取り組めるようになるのではないかと思っていますが、今はまだ無理ですね。

 

先取りしていないお子さんは、学校の授業で基礎を習い、家庭学習で深く掘り下げた勉教をしながらこういったハイレベル問題集に取り組むのでしょうが・・・

 

それはもう、本当に・・・

 

 

凄すぎです

 

 

本音でそう思います。


娘だったら・・・そんな短期間にハイレベルな域にはとてもたどり着けないのではないかと思います。


理想は・・・

 

先取り学習にも賛否両論有り、後伸びしないなどの記事を目にしたこともあります。


けれど、基礎だけでも先取りしておくことは、もし中学受験をしたいと本人が言い出したときに慌てないために娘には必要なことかもと、ハイレベル問題集を前に思ってしまいました。

(うちの娘限定の話です)


しかし、先取りせずともこういったハイレベル問題集が解けるほどの思考力をしっかり身に付けることこそが理想ではあります。


分からない問題が出たときに自分の持っている知識を総動員して試行錯誤することを楽しめるようになれば、勉強はもっと面白くなりますし。


そのために親は何が出来るのか、今一度よく考えてみたいと思います。

色々させてしまってオーバーワーク気味なのも感じていますし、学習の見直しが再度必要なのかもしれません。


関連記事