Welcome to my blog

授業が楽しい♪

0
Category学校あれこれ

小学校に入学して2ヶ月目。

 

毎日、娘から学校の様子を根掘り葉掘り聞き出そうとしているウザイ母です(^^;)

 

 

娘の話と持ち帰ってくる宿題などから察するに学校での授業は、

 

国語はひらがな一授業に一文字練習で、

 

算数は数字を書く練習とか、書いた数字分○を塗っていくなど、

 

私が思っている以上にゆっくり進んでいる様子です。


 

家庭訪問の時に先生が、

 

スタートアッププログラム

 

って言うのがあって、始めはゆっくり進めているとおっしゃっていました。

 

 

娘は1年先取りしているので、もう知っていることが授業で出てきても「知ってる・出来る発言はしない」、「学校での授業はしっかり聞く(色々発見があるかもよ♪)」と約束させています。

 

だけど授業中は、既に知っていることばかりで退屈するんじゃないか、授業がつまらなくなったら50分(45分?)辛いんじゃないか・・・などなど先取りすることの弊害について色々心配していたのですが、娘が言うには、

 

 

授業楽しい♪

 

 

のだそうです。

 

先生が楽しい授業をしてくださっているおかげと思います。

それに加えて、娘は普段から色々な事を面白がって楽しめるという特技?があるので、それが発揮されているようにも感じます。

 

家庭訪問の時に先生に娘の授業中の様子を聞いてみた時には「きちんと授業を受けていますよ」とおっしゃってくれていましたので安心していたのですが(もちろん先取りのことは言ってません)、娘から楽しいと聞けたことでより安心することが出来ました。

 

今日はこんなことがあった♪

 

こんなことしたの♪

 

と、楽しそうに教えてくれます。

 

まだ入学間もないので、何もかもが新鮮なのかもしれませんが、その気持ちをずっと持ち続けて欲しいなと思います。

 

先取りについて言うなら、

先取りの弊害がもし出るようなら、その時は先取りやめることになると思います。


娘のこの先の長い学校生活を思えば、授業を楽しめることが大前提でそれが先取りによって失われるならば、先取りの意味をなさなくなるからです。


関連記事