Welcome to my blog

ピアノ練習 きらきら星に、母、感動・・・♪

0
Categoryピアノ

私が子どもの頃苦手だった、左手とヘ音記号の譜読み


娘がピアノ教室に通い始めて3ヶ月目。

上達したなぁ~と、毎週腕を上げていく娘を目を細めながら見ています。

私が小学生の頃のお教室ではまず「赤バイエル」次に「黄バイエル」でした。
しばらく右手を練習した後に、左手を練習・・・ヘ音記号も登場・・・

左手も苦手だったけど、この”ヘ音記号の譜読み”が私はめちゃ苦手でした(;^^)

最近の主流!?お教室のカリキュラムが素敵


他のお教室でのレッスンがどんな感じか分りませんが、娘の通うお教室では

◆5分ほどワークブックで音符を読む練習

◆右手と左手両方を使って小曲を練習

◆教則本で右手と左手それぞれの運指練習

の3つをレッスン時間内にやっています。

そうなんです、もうすでに左手の練習+ヘ音記号の譜読みが始まっているんです。

右手だけだったのって、最初の数回だった気がします。

右手ばっかりずーーーっと練習していて急に左手が始まるより、始めから少しずつ両手を使う練習をして、ヘ音記号もト音記号と同時進行で読めるようにしていく流れになっている今のお教室のやり方は、とても良いなぁ~と感じます。無理がない。

それと、少しだけ”曲”の練習があるのもいいなぁって。やっぱり曲が弾けると楽しいですよね。

こういう練習の流れが最近の主流なのでしょうかね。

今週の課題曲は「きらきら星」


モーツアルトのきらきら星変奏曲ではなく(そんな難しい曲は弾けない(;^^)
「Twinkle, twinkle, little star」、童謡のきらきら星です。

娘のきらきら星に先生の伴奏が付いて、とっても素敵でした!感動しました~!
いや、これホントですから(*´∀`)

先生の言うことはよく聞く娘


指に力が入りすぎているのか、娘の弾く音はいつもブツブツ切れていたのですが(スタッカートが付いたみたいに)、家で私がいくら言っても直らなかったのに~~~~~~~

先週先生に注意されたら、今週はもう直ってました(;一一) 

先生の一言って娘にとってはすごく重みのあるものなのかもしれない。

それはきっと先生が普段とっても優しいから! 

母は小言が多いから、肝心なこともスルーされてしまっているのかも(;^^)反省・・・

娘はとても楽しくレッスンに通えています。

良い先生に巡り会えたことに感謝(人´∀`).☆.。.:*・゚

関連記事