Welcome to my blog

パレットに付いたアクリル絵の具、乾いてしまっても落とせます。

0
Category役に立つかも

娘から借りたパレット、アクリル絵の具が乾いて取れなくなった問題


前回の記事:図形学習用の積み木に色を塗ってみました★

で、アクリル絵の具を使いましたが、パレットに付いた絵具が乾いてガチガチに固まってしまい落ちなくなってしまいました。

娘から借りたパレットなので捨てることも出来ませんw

アクリル絵の具はアクリル樹脂を固着材に用いられたもので、乾くと耐水性となります。
乾く前に洗ってしまえば良かったのですが・・・

でも!
パレット(プラスチック製)の中で乾いてしまったアクリル絵の具は落とすことができます。


諦めないで★(*´∀`)



私が実際にやってみた方法を、順を追ってご紹介♪


まずは重曹+お湯+メラミンスポンジで格闘★


洗面器にお湯(蛇口からのお湯なので多分40度くらい)を張り、重曹を溶かした後にパレットを入れて1時間ほど浸けておきます。


※写真を撮り忘れたため、画像がありません・・・(((´・ω・`)カックン…



1時間後に見に行くと・・・見た目全く変っていませんでした!(o ̄∇ ̄)o!!OH!!!


※写真を撮り忘れたため、画像がありません・・・(((´・ω・`)カックン…


耐水性だからそりゃそうよね・・・と半ば諦めながらメラミンスポンジでこすっていくと・・・

あらまー!

するすると落ちていきます。絵具が薄く付いていたところは面白いほどに綺麗に落ちました。

(*本当はメラミンスポンジに重曹をつけてこすると良いそうです・・・)


まだ、カドやフチの汚れが残っています。ゴシゴシしてもなかなか取れません。

(*ブラシでこすると良いそうです・・・)


カドフチと格闘している間に、メラミンスポンジがちーっちゃくなってしまい残念ながらここで試合終了。

家にあるメラミンスポンジ、最後の1個でした・・・チーン(´-ω-`)・・・

こんな感じで、まだまだカドフチに絵具がこびりついています。

アクリル絵の具パレット_1 


見えにくいですが、右一番上に白の絵具がフチにガッチリ付いています。

化粧落し用クレンジングシートを使ってみた★


メラニンスポンジがもうないので、家にあった化粧落し用のクレンジングシートで拭いてみました。


パレットに残っている水分を拭き取った後、クレンジングシートで残った絵具を拭いていきます。


なんとなんと!あらまああらまあ!落ちます落ちます!


カドフチもどんどん取れていきます。

フチにベッタリこびりついていた白も、ポロポロと取れていきました。


一通り拭いた後に、水道水で綺麗に洗い流します。

クレンジングオイルなので少しベタベタ感が残っているので、軽く石けんをつけて洗いました。


ふぅ~サッパリ★


どや!


アクリル絵の具パレット_2 



ほれ! (角度変えただけw)


アクリル絵の具パレット_3 



娘から借りた時より綺麗になってる!娘よ~!ドヤドヤドヤ!


・・・ドヤってますが、ネットで情報提供してくださった皆様のおかげで~す。

ありがとうございます(*´∀`)


ちなみに、手指についた絵具もクレンジングシートで取れました。爪の中に入り込んだ色も落ちましたよ★化粧落し用なので肌にも安心ですね。


化粧落し用のクレンジングシートはコンビニでも手に入ります。


私は、普段化粧落しは石けんだけなのでクレンジングオイルは使っていないのですが、冬にダウンコートの襟に付いてしまったファンデーションを落とすために家にひとつ常備しています。


こんなことにも役立つとは~★


結論:使い捨てのパレット推奨


アクリル絵の具を使うときは、汚れても良い服と、使い捨てのパレット(紙製、牛乳パックを開いたものなど)の利用をお勧めします。


乾くと本当に落ちにくいです(TωT) ご注意ください。


ご参考までに★


関連記事