Welcome to my blog

中学受験に向けた学習はもう始まっている ~スーパーエリート問題集1年

0
Category小学1年

本日の学習:数列


スーパーエリート問題集 さんすう 小学1年[新装版] (中学受験を目指す)



今日はこちらの問題集を見ていたら面白そうな問題があったので、娘に今どのくらいの力が付いているかを見たいのもあり、試しにやってもらいました(^^)

132ページ むずかしいもんだい(2) の発展レベル、大問1 です。

算数の面白さを感じて欲しい


①と②はヒントなし、自分の力だけで出来ましたが、③④は出来ませんでした。
何とかやってみようとする姿勢は見られたのですが、分からなすぎて(?、笑)途中で集中力が切れてしまったようだったので、そこで終わりにしました。

①は等差数列、②は階差数列、③はフィボナッチ数列、④は等比数列です。

②が出来た時点で、もしかしたらあれこれ考えていれば、気が付くんじゃないかと期待したのですがダメでした(;^^)

こういうのを面白がって挑戦する子もいると思いますが、娘は算数の面白さに気付いていないのか、今までやってきた勉強の仕方が間違っていたのか・・・そういうタイプにはなれていなかったのが見えたのは残念。


「出来る」を増やしていこう


出来なかったのが悔しそうだったので(その割りには集中してなかったけど?(;一一)

まだ無理なんだよ~

と諦めるように言ったら、泣いちゃった(;^^)

いやいや、無理って言うのは、今までやってきた勉強がまだこんな難しい問題をやるレベルにはまだ届いていなかったって事なのよ。それは仕方のないことだし、それに出来ないことが恥ずかしいことでもいけない事でもないのよ。少しずつ他の勉強もしながら、出来そうだなと思った頃にお母さんが声をかけるから、またチャレンジしてみようよ。

娘に分かる言葉でゆっくりと説明しておきました。一応は納得してくれたみたい。

またそのうち「出来そうだな」のタイミングで挑戦してみたいと思います。

今後の勉強次第でいつか算数の面白さに目覚めるときが来るといいな。


中学受験に向けた学習はもう始まっている


購入する前にパラパラと見てハイレベルだなとは思っていましたが、実際にやってみるとパラパラでは気が付かなかった細かなところで「ほ~!」となりました。

数列の問題を学校の授業でやるかは分かりませんが、1年生ならやるとしても等差数列までなのかな。

中学受験向けの勉強(算数では特珠算など)は、高学年から始めるのだとばかり思っていて、低学年は先取りをしながら進んでいくのだと思い込んでいましたが、そうではなく、1年生のうちからもう中学受験に向けた考え方の訓練が始まっていることが分かりました。

こちらの問題集は表題にある通り「中学受験」に向けた問題集でした。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村

関連記事